薄毛治療薬といえばこの2つ

たくさんの薬がビンからあふれている

「薄毛を隠すことに一生懸命で髪型が決まらない」なんてことありませんか?
見た目の印象を大きく左右するヘアスタイル。
できるならいつまでも多くの髪を残したいものですが、AGAによる薄毛は止まることを知りません。

進行型の脱毛症AGAによる薄毛には、薬の服用が効果的!
中でもヘアサイクルを整えるプロペシアと育毛効果を上げるミノキシジルは、AGA治療薬の2大メジャーと言えます。

本格な薄毛治療を考えるなら、プロペシアとミノキシジルの併用が必須!

>抜け毛防止のプロペシア

MSD製薬が行った臨床試験でプロペシアのAGA改善率は98%という結果が出ているほど、効果のある薬です。
プロペシアの主成分フィナステリドは、日本皮膚科学会の定めるガイドラインでも推奨度Aを得ている信頼度の高い成分です。

フィナステリドの働きは、抜け毛の原因ホルモンを抑制してヘアサイクルを整えること。
髪のサイクルが乱れていると、髪が十分成長できずに抜けてしまうため全体的に軟毛へと変わってしまいます。そこでフィナステリドがAGA原因物質の生成を阻止して、髪が育ちやすい環境を作るのです。

>発毛効果のミノキシジル

ミノキシジルは、育毛効果が高く評価されている成分です。
元々は高血圧の薬として使われていたミノキシジルは、血流促進作用により頭皮の育毛環境を整えてくれます。
血の巡りが良くなると、頭皮の毛根まで栄養分が届きやすくなり、強くコシのある毛が成長できるのです。
ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、内服薬が特に効果が高いと知られています。
日本では内服薬は出回っていませんが、海外通販を利用すれば手に入れることができます。

抜け毛を止めるプロペシアと発毛効果のミノキシジルを併用すれば、AGAの改善と髪のボリュームアップは夢じゃありません!効果的な治療で髪を増やしましょう!