血流アップで育毛効果発揮

髪の生え際

薄毛に悩む男性ならミノキシジルの名前を聞いたことがあるはず。
ミノキシジルは育毛・発毛効果があると有名な成分です。

ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、飲み薬の方が効果の実感がより早く得られます。
飲むミノキシジル・ミノタブについて見ていきましょう。

・ミノキシジルの効果
ミノキシジルの働きは、血流促進と毛母細胞の刺激。
血の巡りが活発になると、髪を作る栄養分が毛根までしっかりと行き渡り髪が育ちやすくなるのです。
また髪を作り出す毛母細胞は、刺激されると細胞分裂を重ねて増殖します。
毛母細胞が増加することで髪の成長が促進されるのです。

ミノキシジルはこの2つの作用で育毛を後押ししてくれます。

外用薬は表面的なもので効果にばらつきがありますが、内服薬は血の流れに乗って全身にミノキシジル成分が広がるため、効き目の実感が早く得られるのです。

・ミノキシジルの歴史
アメリカのファイザー社は、今から50年以上前にミノキシジルを主成分とした「ロニテン」という高血圧の治療薬を開発しました。
ロニテンの服用患者に多毛の症状が現れたことから、ミノキシジルに発毛効果があると判明。
さらに研究を重ね作られたのが、ロニテンの後発薬であるミノキシジルタブレットなのです。

・ミノタブの購入方法
日本で認められているミノキシジルは外用薬のみ。経口薬のミノタブは臨床試験がされておらず日本では未認可です。
入手方法は個人輸入か海外通販の二通りありますが、通販の方が手軽でオススメです。
人気の薬ゆえ偽造薬も多く出回っているため、大手サイトを選んで正規品を安全に購入しましょう。

ミノキシジルなら飲むタイプが効き目大!海外通販を利用すれば、効果のある薄毛治療を簡単にスタートできます。